原子力若手連絡会 JYGN原子力若手連絡会 JYGN

国内活動

JYGN では,原子力に携わる若手が,自らできること・やりたいことを模索し,実際に活動することを,基本方針としています。日常業務や個人の活動では得難い学びの場を自ら創り,参加することを通じ,自己研鑽を図っています。

若手勉強会(Young Generation Roundtable)

JYGN では,2016 年度,「若手勉強会」(Young Generation Roundtable)を新たに立ち上げ,日常業務に捉われない自己研鑽の場として,定期的に会合を開催することとしました。この勉強会は,「若手が自ら学びたいことを学ぶ」というコンセプトで運営しており,2 ~ 3 か月に一度のペースで開催しています。また,「チャタム・ハウス・ルール」を採用し,率直且つ質の高い議論の実現を目指しています。

勉強会のテーマは,若手の関心に加え,社会的情勢や勉強会相互のつながりも意識して選定しています。2016 ~2017 年度前半にかけては,高速炉開発政策の大きな変化を踏まえて,「もんじゅ」(第 1 回),次世代炉の研究・開発(第2 回),米国の原子力イノベーション動向(第 3 回),そして NEFY(後述)でのシナリオ・プランニング,という一連の流れを構想しています。

勉強会では,若手相互の話題提供や,外部講師をお招きしてのご講演を踏まえた上で,参加者間で活発な議論を行っています。これまでの勉強会の内容は原子力学会誌上にて随時報告していますので,是非ご覧ください。また,技術的な側面だけでなく,政策やガバナンスのあり方も含めて議論していますので,「技術のことはわからない」という方でも大丈夫です。ご関心のある方は,お気軽にお問合せください。

若手勉強会開催一覧

回次 期日 テーマ
第1回 2016 年 10 月 28 ~ 29 日 「もんじゅを見つめ直す:Reconsidering "Monju"」
第2回 2017 年 2 月 3 ~ 4 日 「次世代炉開発に向けて考慮すべきことは何か?」
第3回 2017 年 4 月 14 日 Innovation and the Future of Nuclear Energy”

トップへ▲

日本原子力学会での企画セッション

JYGN では,日本原子力学会の年 2 回の大会において,2002 年以降継続的に企画セッションを企画・運営してきました。これまでの企画セッションでは,県知事や原子力委員長など若手個人として関わることの難しい立場の方々を招いての意見交換や,法律や地域政策など他分野の専門家とのパネルディスカッション,学生も交えての人材育成についての議論など,個々の専門領域や所属組織にとらわれず,幅広いテーマを扱っています。

近年の原子力学会 YGN 企画セッションの例

開催年月 セッションタイトル 開催地
2013 年 9 月 「若手×学生×原子力 座談会 ~若手と学生で考える原子力の将来~」 八戸工業大学
2014 年 3 月 「原子力人材確保・育成のための具体策の一つとして ~ロールモデル集の作成~」 東京都市大学
2014 年 9 月 「徹底討論:業界活性化のために 今,若手にできること」 京都大学
2015 年 9 月 「炉物理・核データ分野の若手からのチャレンジ・提言」
※炉物理部会・核データ部会と合同
静岡大学
2016 年 9 月 「原子力ガバナンス再考:『中央 VS 地方』を超えて」 久留米シティプラザ

原子力若手討論会(NEFY: Nuclear Energy Forum of Young Generation)

JYGN では,原子力を取り巻く状況の激しい変化を踏まえて,若手が置かれている現状や課題等について語り合い,自らのあるべき姿と原子力の将来像を模索したいと考え,「原子力若手討論会」(NEFY: Nuclear Energy Forumof Young Generation)を開催しています。

 

本討論会は,JYGN 会員を中心に,組織や専門分野を超えた若手をひろく集め,「チャタム・ハウス・ルール」の下で個人として本音で議論することを通じ,「それぞれの問題意識を共有し視野を広げること」「将来について自ら考えるきっかけを得ること」「組織を超えた若手間の人脈を築くこと」「原子力の将来へ向けた具体的な活動を模索すること」を目的としています。

なお,本討論会の開催には,原子力人材育成ネットワーク及び日本原子力産業協会にご協力をいただいています。

チャタムハウスルール: 会議の参加者は参加者の発言内容を自由に引用してよいが、 発言者の氏名、所属を公開してはならない

NEFY 開催一覧

回次 期日 テーマ 参加者
第1回 2012 年 6 月 1 日 「日常の業務・生活を通じて感じる問題意識」 92 名
第2回 2013 年 6 月 7-8 日 「今後 10 年以内で若手が実施すべきこと」 88 名
第3回 2014 年 10 月 3-4 日 「原子力の課題! 専門を超えてできること」 51 名
第4回 2017 年 6 月 2-3 日 「原子力の未来をどう描くか? 原子力の未来をどう描くか? 若手が考えるシナリオ 2040」 67名

これまでに開催した 3 回の討論会では,核燃料サイクル政策や高レベル放射性廃棄物の処理処分に関する課題等について,ディベート形式やアイディア創造型議論を行ってきました。第 4 回は,シナリオ・プランニングの実践を企画しています。

本討論会が,原子力に携わる若手世代にとって,視野を広げ,将来について考えるきっかけとなるとともに,組織や企業を越えた同世代のネットワークを構築し,自らのあるべき姿と原子力業界の将来へ向けた具体的な活動につながることを期待しています。

トップへ▲

YGN セミナー

JYGN では,「行けないところ」「見られないもの」「会えない人」に「行く」「見る」「会う」をコンセプトとして,さまざまな企画を自ら立案し,JYGN セミナーとして実施しています。近年は,「高速増殖原型炉もんじゅ」や「六ヶ所再処理工場」の見学会,英国から廃止措置専門家を招いての講演会,学生との討論会などを開催しており,広い視野を持った若手技術者の育成とネットワークの形成を目指しています。

近年の主な YGN セミナーの開催例

開催年月 概要
2014 年 9 月 もんじゅ・ふげん見学会
2014 年 11 月 YGN セミナー in 関西(若手と学生の対話会)
2014 年 11 月 関西原子力若手交流会(大飯発電所見学)
2015 年 7 月 六ヶ所再処理工場見学会
2016 年 4 月 もんじゅ見学会
2017 年 1 月 講演会「英国における廃止措置の現状」
※東京電力廃炉カンパニーと共催